イソフラボンのサプリを摂取する【健康と美容にダブル効果アップ】

男女

高血圧や動脈硬化を予防

医薬品

青魚に多く含まれるDHAは1日1000mgを目安に摂取することによって高血圧や動脈硬化を予防することができます。それには大量の魚を食べなければならないため、サプリメントを利用するとよいでしょう。現在多くのタイプのサプリメントが発売されているので、自分に合った製品を選ぶようにしてください。

もっと読む

続けて飲んで治す

色々な漢方薬

避けては通れないもので更年期障害があります。更年期は個人差によって、症状が違いますが、どうしても不調を感じることがあります。そういった際には、病院を受診をしてピルやホルモン注射などを検討してもいいでしょう。またそれ以外にも漢方という方法もあり、不調から体を整えてくれることができます。

もっと読む

更年期の症状と治療法

治療薬

更年期障害の症状を治療するためには、薬物治療が一般的です。薬物治療は、主に「ホルモン補充療法(HRT)」「漢方療法」「抗うつ剤療法」に分けられます。その中でもHRTの治療効果が最も高く、漢方治療は安全性や免疫力向上の点で最も優れています。また抗鬱剤療法は、抑うつ症状を直接抑えるために効果的です。

もっと読む

大豆で健康な体に

栄養剤

必要量を守ること

大豆イソフラボンは、昔からたくさんの人が摂取してきた大切な栄養素です。豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれており、体にとても良い効果を生み出すことができます。大豆イソフラボンを摂取することで、効果は小さいながらも、女性ホルモンに似た作用を体内で働かせることができます。また、更年期障害で悩んでいる人も、大豆イソフラボンをしっかり摂ることで、症状を和らげる効果もあります。1日に必要な大豆イソフラボンの量は、30ミリグラムです。豆腐の場合は半丁、納豆は1パックで充分な量を摂取できます。しかし、それ以上に多く摂取したからといって効果が高まるわけではありませんので、過剰摂取に注意して、適量を摂るのが良いです。

手軽さを求める人の増加

食生活の中で、あまり大豆イソフラボンを必要量摂取できない場合は、サプリメントを使うと便利です。サプリメントでは、数粒程度の摂取で1日に必要な量を簡単に摂ることができます。また、美肌を目指している女性にもサプリメントは人気が高いため、とても役立つアイテムです。そして、最近注目されている妊活用のサプリメントとして、大豆イソフラボンを購入する人も増加しつつあります。女性ホルモンに似た作用を持つので、マカなどに並んで大豆イソフラボンを積極的に利用する人がいます。今後の動向として、妊娠や出産が高齢化していき中で、少しでも早く妊娠したい人がサプリメントを購入していく人が増加するものと思われます。また、妊活などに派生した商品も開発されていくと思われます。